読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまね

球体関節人形製作の記録

展示を終えて

『まぼろしの絵本 創作人形三人展』
盛況のうち無事終了致しました。
ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。


我々三人は、DOLL SPACE PYGMALIONという人形教室に通う仲間なのですが、だいたい制作を始めて四年程度です。

その新人三人が集まって、はじめての自主企画展をやろうと思い立ち、今回の計画を練り始めました。


なにぶん始めてで、何をどうしたら良いかわからないまま、三人でギャラリーを見てまわり、先生や先輩方に助言をいただき、周りに助けられながらDMを作ったり、なんとか形にして行きました。


制作に関しては、どうせ4年程度で出来る事なんか知れてるし、今までやって来た事を全部出し切るしか無い、と私の場合それだけを考えました。

結果褒められようがけなされようが、自分が今までしてきた事を全部出しきらないと何の意味も無いし、ここから先に進め無い。
そう思いました。


そして展示がはじまり、お客さんが来て…最初はとにかく新鮮でした。

今までは部屋で、作品を黙々と作ってるだけだったのが大勢の目に触れて、話をしたり感想を言ってもらうのが嬉しくて楽しかった。


自分の中でも、「はじめてにしては頑張ったんじゃないか」 とか、「もっと全然頑張らなくちゃいけない」とか…
色々な感情が渦巻くなか、一番強く感じたのは不安な気持ち。


そう、ここからもっともっと頑張って行こう、と思うのだけれど、どう頑張ろう?

それまでに作りたいものは色々あったけど、今はもうそれじゃいけない気がしてます。


教室に入り、最初は何も考えずに作れた人形は、いつしか考えながら作らねばならなくなりました。

それと同じで、これからは自分がどうして行きたいのかを考えて、頑張り方を考えないといけない。
時間は限られているのだし。

今はそんな気持ちでボヤーッと宙を見つめています。


ともあれ、解決策はやっぱり手を動かす事だけだと思うので、片付けが終わったらまた同じように地道に制作してゆきます。
やっぱりコツコツやるしか無い!

もっと数を作らないとなー…
今回をスタートダッシュにして、気を抜かず頑張ります!

f:id:amanedoll:20151124231810j:image
f:id:amanedoll:20151124231831j:image
f:id:amanedoll:20151124231837j:image
f:id:amanedoll:20151124231848j:image
f:id:amanedoll:20151124231854j:image